しっかりとしたインフォームドコンセプトで治療するのは加藤デンタルクリニック

歯並び歯並びが悪い、咬み合わせが気になるなどの場合、歯科を受診して矯正することをおすすめします。歯科では、個別の症例に合った矯正が行われます。そのためにもしっかりとした検査が必要になります。 

歯列矯正を行う場合、まず初診時に矯正治療の内容、期間、費用、装置についてなどの説明を受けます。納得すれば、治療開始となります。 


適切な治療を行うために、まず精密検査が行われます。歯や頭をX線撮影し、歯型の採取をします。顔の写真撮影もします。次回来院時に、検査の結果が知らされます。精密検査の結果を踏まえて診断報告がなされます。これで、具体的な症状名がつくわけです。

診断に基づいて治療が開始されます。まずは資料、装置の作成をします。治療を受ける前と、受けた後の変化を明確にしておくために、治療前の時点の記録をつけます。これが資料となります。検査の時に歯型をとりましたが、これを使って、ぴったり合った装置を作成します。顎の検査を行ったり、歯ブラシ指導を行ったりします。歯並びや噛み合わせが悪いと、通常の歯磨きではきれいに磨けません。食べかすが口内に残留していると、虫歯の原因になるし、治療にも支障をきたします。そのためにも、正しく効率的な歯磨きの仕方を知っておかないといけません。


治療が完了するまで、定期的に通院します。頻度としては、3~4週間に1度行います。これくらいの頻度なら、学校や仕事があっても通いやすいです。