最適な室内温度と睡眠の関係

ホームへ戻る > 最適な室内温度と睡眠の関係

賃貸でペットを飼育
新築を注文住宅で建てるコツ
オール電化の未来
購入はお得なのか
家を建てる際の住宅ローンについて

室内温度最適な室内温度を確保できないと私達の睡眠に影響を与え、眠りが浅くなり日中に眠気やだるさを感じたりして仕事や健康にもよくないことです。注文住宅で家を建てるのであれば、最適な室内温度と快適な睡眠を確保するようにしましょう。ではどうすれば快適なた眠りを確保できる注文住宅が実現できるのでしょうか?


室内温度が私たちの睡眠に影響を与え、眠りの質を左右することは分かりますが、私たちの睡眠に最適の温度とはどれ位でしょうか?一般的には夏で25℃前後で、冬で13℃前後がいちばん熟睡できる最適な室内温度だといわれています。実験で私たちの目覚めは、夏に25℃の室内温度で眠った場合が1番満足感と爽快感があり、次に28℃まではまあまあの満足感と爽快感を感じる割合が高いことが分かっています。しかしそれ以上の室内温度では、眠りが浅くなり目覚た後も眠気やだるさを訴えるケースが多いことが実験で分かっています。

せっかく注文住宅でマイホームを建てるのであれば、快適な眠りをもたらす25℃に近い室内温度を実現したいものです。ではどうすれば25℃に近い室内温度が実現できるのでしょうか?実は家に注ぐ昼間の熱エネルギーは、1平方メートルあたり電気ストーブ1台分と同じ熱エネルギーだといわれています。高気密住宅ではこの熱エネルギーを家によりためやすく、夜でも熱が逃げない原因になります。この熱エネルギー防ぐ方法は、窓の外側で日射をさえぎることです。窓の内側のカーテンでは50%以上の日射熱が室内に侵入します。窓の外側にスクリーンなどを設ければ約70%の日射を防げます。