賃貸でペットを飼育

ホームへ戻る >  最適な室内温度と睡眠の関係  > 賃貸でペットを飼育

ペット可の賃貸最近ではペット可の賃貸も増えてきたようです。ペットの飼育が許可されている賃貸は、一般に賃料がやや高額になる場合が多いようです。例えば敷金については、退去後のメンテナンスに手間がかかる場合が多いため、「相場+1ヶ月分の家賃」と同額程度の価格設定がなされています。当然、傷や汚れを付けてしまうと敷金からメンテナンス費用が差し引かれてしまうため、ペットのしつけには十分にご注意ください。


ペット可の賃貸の中でも、ペット専用の設備が充実している物件には人気が集まります。例えば、散歩の帰りに足を洗うことのできるペットシャワーや、ペット専用の運動場(ドッグラン)などが利用者の人気を博しています。中には空室待ちで予約が一杯という物件もあり、ペットを伴った賃貸利用は、年々その規模を拡大しているといわれています。

賃貸でペットを飼育する際に気をつけたいのが、住人同士やペット同士のトラブルです。例えば犬を飼育する場合、吠え癖などは矯正が欠かせません。防音性能に優れた物件も多いですが、可能な限りしつけは済ませておきましょう。臭いやフンの始末にも気を配らなくてはなりません。共用・専用スペースを問わず、とにかく清潔に保つことが求められますから、こまめなケアを心がけてください。猫を飼育する際は引っ掻き癖にご注意ください。フローリングなどを傷つけるとたちまち修繕費がかさんでいきます。トイレのしつけもできる限り早めに終わらせてください。