購入はお得なのか

ホームへ戻る >  最適な室内温度と睡眠の関係  > 購入はお得なのか

マイホームマイホームの購入といえば一生に一度、人生最大の買い物だという人がほとんどです。賃貸に比べて費用がかかるし、ローンの負担も大きいけれどもそれでも欲しい。そんなイメージで購入を目指す人が多いのではないでしょうか。しかし、実際のところ費用・負担の面で考えてマイホームの購入は得なのでしょうか、それとも損なのでしょうか。


よく言われる購入と賃貸どちらがお得かという命題。どちらの方が得だ、という決着はついていないようです。これは実際にかかる費用の問題だけでなく、満足感や将来に対する安心など心理的な面も大きいからでしょう。ただ、費用だけの問題で考えると30年を目安に購入と賃貸の負担が逆転し始める傾向があるようです。


負担に関しては購入はローン、賃貸は家賃がメインとなります。同じような物件に済んだ場合、ローンの負担の方が高くなるのが一般的です。最初の30年までは購入の方が総じて負担が大きくなるのですが、ローンの支払いが終了し始める30年くらいを境に購入の負担が一気に少なくなります。ローンの支払いがなくなり、後は維持・管理にかかる費用だけを負担すればよいわけです。それに対して賃貸は生涯にわたって同じ負担を続けなければなりません。


もちろん、購入の場合は30年の間に一度は補修や塗装などの工事が必要になってきますから、臨時の出費も念頭に入れる必要があります。ただ長期的な視野に立って考えた場合、マイホームの購入は決して損な買い物ではなくなりといってよいでしょう。