家を建てる際の住宅ローンについて

ホームへ戻る >  最適な室内温度と睡眠の関係  > 家を建てる際の住宅ローンについて

ほとんどの家庭では家を建てる際の資金を住宅ローンで調達することになると思います。長期間に渡って返済していくことになるものだけに、もっとも適したものを選ぶことが重要になってきます。


住宅ローンを選ぶ場合にはいくつかのポイントがありますが、その中でももっとも注意したいのが長期的な視野に立つこと。20年、30年と返済していくわけですから、家を建てる時とは家庭環境が大きく異なってくる場合も少なくありません。新しい家族が増えることもあるでしょうし、子供の教育費がどんどんかさんで家計を圧迫してくる時期もあります。それに対して現在の経済状況では昇進・昇給による増加を過大評価することは危険です。それだけに家庭環境が変化した時に滞りなく返済することができるのかどうかを見極めたうえで住宅ローンを決定する必要があるのです。

頭金や金利の選択も大きな鍵を握ることになるでしょう。頭金を用意すればその分住宅ローンの負担が少なくなりますし、金利の場合は借り始めた数年間の負担を重くするか、それとも全期間均等に返済していくかという選択肢も出てきます。


そのほか、繰上げ返済や住宅ローンの借り換えといった選択もローンを返済していく過程で浮上してくることでしょう。多くの家庭にとって家を建てるということはゴールではなく、新たな家庭生活のスタートとなります。それだけに家を建てたことが生活の負担になるようなことがないような住宅ローンの選択をするようにしたいものです。