目的別リフォーム(環境編)

ホームへ戻る > 目的別リフォーム(環境編)

デザイナーズ住宅の特徴
歯医者嫌いは幼児期で決まる
結婚祝いを渡す時期
目立たない矯正のメリットとデメリット
ワイヤーを使わない目立たない矯正

光が差し込んで明るい、夏は涼しく冬は温かく過ごせる快適な住まいを目指して、リフォームを行う人も多くなっています。住空間の環境を整えることで更に家の居心地がよくなり、生活しやすくなるし冷暖房や照明をできるだけ使わないようにすれば、電気代の節約にもつながります。


まずより多くの光を取り込んで家の中を明るくするには、窓のリフォームが効果的です。窓の設置には、高さや大きさ、種類をよく考えないと効果が半減してしまうので注意が必要です。また壁紙や床の色などを工夫すれば、多少窓が小さくても部屋全体を明るく見せることもできます。

また、風の通り道に窓を設置することで、風通しのよい住空間を作ることもできます。次に夏に涼しく過ごせるような住まいを作るには、西日が当たる部屋の窓に断熱タイプの雨戸やシャッターを取り付けたり、窓を断熱仕様にする、熱を遮断するタイプのカーテンやブラインドを付けるといったリフォームがあります。


そしてインテリアにもなるおしゃれなファンを天井に設置して、風通しをよくするのも一つの方法です。更に、特に太陽が降り注いで熱がこもりやすい2階部分に関しても、屋根に断熱材を入れ2階部分を換気できる設備を取り入れるという方法もあります。また、冬暖かく過ごすためには外の冷たい外気が屋内に入りこまないように、2重サッシ式の窓を設置したり、床暖房を取り付ける、できるだけ窓の面積を大きくして暖かな日差しを部屋の中に取り込むといったリフォームをを行えば、格段に室内が暖かくなります。