デザイナーズ住宅の特徴

ホームへ戻る >  目的別リフォーム(環境編)  > デザイナーズ住宅の特徴

一昔前までは「デザイナーズ住宅」「デザイナーズマンション」などの類はデザイン性を追及するあまり「変なところで使い勝手が悪い」「周囲の住宅と比べて存在が浮きがち」などと言ったような風評もありましたが、最近ではひとえに「デザイナーズ住宅」と言っても「住み易さ・快適性」「周囲の環境との親和性」も重視される傾向にあり、「住み易さを重視しつつ、周囲の環境に馴染んだ」個性的かつ機能的な形になっています。


特に今では「注文者」と「デザイナー」がより近い位置で打ち合わせなどをするようになり、注文者の要望を取り入れ、独自の形で表現すると言う方式で建築されるようになったことから快適性が特に重要視されており、外観だけでなく内装も独特でありながらも機能性に優れた「住み心地の良い」住宅が多く建築されるようになっています。

また、個別の要望を取り入れることが出来るため、注文者のニーズに合わせ、それぞれの生活環境に見合った住宅環境の提案ができ、「注文者のためのオンリーワン住宅」とできるのもデザイナーズ住宅のメリットになります。


個別注文型の住宅ですので「金額が高い」と思われる方もまだまだ多くいますが、そこもデザイナーによる様々な提案からコストダウンの方法を知ることができ、どう言った形で、どれくらいの予算でと言う詳細な点も任せて完成までの道のりを作ることができますので、むしろ「しっかりと、何度も打ち合わせをする」と言う事を大事に相談をしていくことで、予算に合わせつつも品質の高いデザイナーズ住宅を手に入れることが可能になるのです。