歯医者嫌いは幼児期で決まる

ホームへ戻る >  目的別リフォーム(環境編)  > 歯医者嫌いは幼児期で決まる

歯医者嫌いは通院のタイミングと歯科選びで決まります。親御さんがどういう点に注意してお子さんの歯医者選びを行うと良いのでしょう。


虫歯になってから歯科通院を始めることで、歯医者を怖がるお子さんが増えます。それは、虫歯治療には痛みを伴う歯の治療が多いからだと言えるでしょう。であれば、親御さんは虫歯予防のために、1~2カ月に1回程度の予防歯科にお子さんを通わせるように心がけると良いでしょう。予防歯科では、歯ブラシの指導や口内環境のチェックをしてくれますし、幼児の場合は乳歯の生え方などをチェックして、永久歯の生え換わりに向けての歯並びなどを診てくれます。こうした歯の治療ではなく、口腔検診は痛みが伴う歯の治療はほとんどないので、歯科医師への恐怖感や治療への抵抗感を持たずにお子さんが歯科通院に慣れることができます。

歯医者を選ぶ際に小児歯科があるところがより良いでしょう。やはり専門的な歯の治療や診察を行ってくれることはもちろんですが、お子さんの扱いにも注意を払ってくれるので安心です。小児歯科であれば、内装や治療器具もお子さんに配慮したものが揃っているので一般歯科よりもさらに安心して通院できるという利点があります。


一度歯医者に恐怖心を抱いてしまったお子さんにも、改めて歯医者さんは怖いところではないということを教えてあげることが大切です。少々時間は必要ですが、歯科医に相談し段階的に恐怖心を取り除いてあげましょう。問診だけの日があったり、歯ブラシの指導だけの日があったりすることで、歯医者は虫歯治療に行くところではなく、虫歯にならないために行くところだと認識し、歯ブラシなど虫歯予防に子どもなりの自我が目覚めるケースも多いのです。