目立たない矯正のメリットとデメリット

ホームへ戻る >  目的別リフォーム(環境編)  > 目立たない矯正のメリットとデメリット

目立たない矯正としては裏側矯正が広く普及しています。文字通り歯の裏側に装置を付けるため、外見上はほとんど違和感がありません。特に、人前に出る機会の多い方(接客業、モデル、俳優など)から高い支持を得ており、目立たない矯正としては非常に優れた審美性を有しています。


また、歯のエナメル質に関するメリットもあります。通常、ワイヤーを入れる「ブラケット」という装置を取り付ける際、接合部分のエナメル質が削れて、歯の光沢が失われる場合があります。裏側矯正であれば、削れるのは歯の裏側になりますから、外見上は全くデメリットがありません。目立たない矯正は、術後にも好ましい影響を及ぼすということです。

さらに、虫歯になり難いという点も大きな利点として挙げられます。装置が常に舌の近くにあるため唾液で洗浄され、虫歯のリスクが減じると考えられています。ただし、まめなブラッシングが必要である点に関しては通常の装置と違いはありません。


裏側矯正の特徴のひとつとして、奥歯が前に動きにくいという点が挙げられます。そのため、いわゆる「出っ歯」の患者さんに対しては、より大きな効果が期待できるといわれています。


上記のメリットがある反面、裏側矯正にはいくつかのデメリットも存在します。装置を舌側に付けるため、発音が不明瞭になる場合があります。特に舌を歯の裏側にあてて発音する言葉に違和感を持つ方が多いといわれています。ただし、慣れによって改善される方がほとんどで、通常は1ヶ月程度で問題は克服されます。費用に関しては、目立たない矯正の方が割高になる傾向があります。予算をよく検討したうえで最適な方法を選びましょう。