審美歯科と口内のクリーニング

ホームへ戻る > 審美歯科と口内のクリーニング

アメリカのインプラント事情
インプラントと顎の骨
入れ歯とは
リウマチの症状
不妊症と不育症

審美歯科では口内のクリーニングも行っています。見栄えをよくするための処置は何もセラミッククラウンやラミネートベニアといった人工的な治療だけではありません。歯に付着した汚れを落とし、口内を清潔な状態に維持することも重要な内容となっているのです。


口内の衛生環境は非常に重要な意味を持っています。言うまでもなく虫歯の原因となりますし、高齢者の場合は歯周病のリスクにも注意しなければなりません。また口臭の原因となる面もあるだけに注意が必要です。


口内の衛生環境は毎日の歯磨きで維持することが大前提となりますが、欠損した歯がある場合や被せ物や詰め物を装着している場合、歯ブラシが届きにくい部分ができるほか、プラークが付着しやすい状態になってしまいます。さらにプラークが固くなって歯石になってしまうと歯磨きで落とすことができなくなってしまいます。

そんなにときに審美歯科でのクリーニングが役だつのです。研磨ペーストや回転ブラシ、カップといった特殊な器具を使用して汚れを徹底的に落とすことができます。歯石もしっかりと除去することができますし、歯間に残った汚れも落とします。そして最後にフッ素を表面に塗布し、歯を強化して虫歯になりにくい状態にしてくれます。


歯の黄ばみもクリーニングだけで白い状態に戻ることが多く、ホワイトニングの必要がなくなります。それだけに審美歯科でのクリーニングは歯の健康と見栄えの両方に大きな効果を挙げるものといえるでしょう。半年に一度程度、メンテナンスのつもりで審美歯科でのクリーニングを受けてみるのもよいのではないでしょうか。