一戸建てのリフォームの注意

ホームへ戻る >  tvショッピングの欠点  > 一戸建てのリフォームの注意

長年住み続けている我が家も老朽化していき、リフォームを検討している、両親と同居するために現在の一戸建てを二世帯住宅にリフォームしたい、中古住宅を購入し、リフォームによって新築同様のものにしたいなど、住宅は時間の経過と共に劣化していき、いつまでも購入当時の設備、機能が利用できると言うわけではありません。必要に応じて修理、修繕を行うなどのリフォームが必要となってくる場合もあります。


リフォームの場合、一戸建ての建築に比べるとコスト自体は大きく下げることが出来るため、リフォーム前提で中古物件の購入を考える、現在の住居を二世帯住宅にするために大きくリフォームしたいと言う希望に対しても安価に抑えることが可能ですが、場合によっては逆にコストが高額になってしまう場合もあるので注意が必要です。また、築年数が大きく経過しており、当時の骨組みでは現在の住宅環境に適していないなどの場合は大掛かりな工事が必要となってしまう場合もあります。

リフォームを行う際は、リフォームする範囲を考えることになりますが、ほとんど建て替え同然の大きな工事となる場合、リフォーム費用とは別に、工事の際に出た資材ゴミなどを撤去するためのコストが余分にかかります。必ずしも額面どおりとなるとは限らないため、事前に相談をしておく、支払い計画に余裕を持たせておくということは必要となるでしょう。リフォーム自体は決して難しいことでもなければ、一戸建て購入のようなコストがかかるものではありませんが、既存の建物を利用すると言う意味において、様々なトラブルが出がちでもあります。必ずリフォーム会社と綿密な打ち合わせをし、確実な方法を選ぶようにしましょう。