注文住宅の資金計画

ホームへ戻る >  未熟なベンダーではCMSを生かせない  > 注文住宅の資金計画

注文住宅を建てたい!そう思ったときに多くの方が気になるのが資金のことなのではないでしょうか。希望どおりの家を建てるためにはどの程度の資金が必要になるのか、またローンを利用すればどのくらいの額のお金を借り入れることができるのかが分からなければ、計画を立てることもできません。つまり注文住宅を建てようと思い立ったら、ローンを含めて自分がどの程度の金額を資金として準備することができるのかをしっかり把握する必要があるのです。


しかし、何かと忙しい毎日を過ごしている方が、それぞれの金融機関を一軒ずつ回って「どの程度借りられますか?」と聞いてまわるのも大変ですよね。そんなときに便利なのが、いろいろな金融機関のホームページ上に設置されている「住宅ローンシミュレーション」です。このシミュレーションでは年収や自己資金の額・年間の返済額などを入力すれば、借り入れ可能額が自動的に計算されるようになっています。まずはこうしたものを活用して、大まかな資金額を計算しておくとよいでしょう。

また、住宅メーカーや建築業者によっては、ほかよりも有利な条件で融資を受けることができる金融機関と提携を結んでいるところもあります。注文住宅の設計や建築の打ち合わせと並行して、資金計画の相談に乗ってくれるような業者もありますので、こうしたものを上手に活用していけば、計画の段階である程度資金に関する不安や疑問を払拭することができるのではないでしょうか。


とはいえ、住宅ローンは長い間に渡って多額の返済を続けていかなければならないものです。住宅ローンはかなり多くの金融機関で取り扱われているものですから、できるだけ多くのローン商品を検討して無理なく返済し続けられるローンを組むようにしてください。