注文住宅は高いもの?

ホームへ戻る >  未熟なベンダーではCMSを生かせない  > 注文住宅は高いもの?

マイホームの購入、それは一生に一度とも言われる大きな大きな買い物です。中でも注文住宅は、何としても自分の家が欲しいと思っている方にとっては憧れの的。自分や家族の希望や夢をたくさん詰め込むことができるだけに、高いお金を払って購入するのであれば注文住宅を建てたい!と思うものですよね。


しかし、気になるのがやっぱり資金のこと。何となく建売住宅よりもかなり高いというイメージを持つ方が多いのか、「注文住宅はお金持ちの人でないと無理!」と思い込まれているようです。確かに、建売住宅と比較すると高めになってしまうのは事実ですが、だからといってお金持ちの人でないと買えないというものではありません。建築資材や設備などをある程度自由に選択することができるため、抑えられるところはしっかりとコストを抑えた建築が可能になるからです。

たとえば、床材のランクを落として少し安いものにするだけで、のべ床面積の広い家であればかなりのコストダウンになります。また機能には大差が無い、より安い建材や素材がないかを相談しながら見積もりを重ねていくことで、よりコストを削って大幅な節約につなげることも可能です。


このような手法を取ることで、無駄なコストをしっかりと削りながらも質の高い住まいを作り上げることができるのが注文住宅の特徴です。まずは「高くてとても無理」という先入観を捨てて、情報を収集することから始めてみましょう。注文住宅はお金持ちの方でなくても、十分手に届くということがきっとわかっていただけるはずですよ!