初期段階の虫歯について

ホームへ戻る >  ミネラルウォーターとピュアウォーターの違い  > 初期段階の虫歯について

虫歯はどのようにして進行していくのでしょうか。できるだけ早い段階で歯科医院で治療を受けたほうがよいといわれています。放置しておくと痛みがひどくなるだけでなく、神経を抜かなければならないなど治療の負担も大きくなります。ここでは初期段階の虫歯についてみていきましょう。


まず表層のエナメル質が虫歯菌によって溶かされていきます。最初は白濁した状態で症状があらわれ、次第に溶け出していきます。健康な歯は真っ白な状態ですが、その表面に濁りが生じるのです。これが虫歯の初期段階。たいていの場合、この段階では痛みや違和感を感じることはないため、放置してしまいがち。これが進行するとエナメル質が溶けていくわけです。

エナメル質が溶けてその奥にある象牙質にまで達すると本格的な虫歯。痛みを感じることが多くなります。冷たいものを飲んだ時に滲みる形で症状を自覚することが多いようです。ただ、歯の位置や象牙質が露出した部分によっては飲み物や食べ物と触れる機会が少なく、虫歯になっても気づかなかったり、症状を感じないのでそのままにしてしまうことが多いので注意が必要です。歯科医院ではこの段階で治療が必要な虫歯と判断することが多いようです。


ここまでが初期段階の虫歯。理想としては歯科医院で定期健診を受け、エナメル質に生じた虫歯の時点で適切な処置を行いたいもの。そうでない場合も象牙質にまで虫歯が及んだ段階で必ず治療を受けるようにしましょう。歯科医院での治療が嫌なら、できるだけ早く済ませられる段階で受けたほうが得というものです。